塾講師経験が豊富な先生が在籍している塾に通う

アルバイトでなく社員が教えるところ

個別指導塾を選ぶときにはどんな講師がいるかを知っておく必要があるでしょう。比較的多いのが大学生によるアルバイトの講師がいるところです。集団指導塾に比べて講師の数が必要になるため、個人運営やフランチャイズで運営しているところだとなかなか社員の講師を雇えないのかもしれません。大学生は生徒との年齢が近いので話をし易いメリットはありますが、教える技術にばらつきがあるので当たり外れが出やすくなります。大手などだと講師が社員のところがあり、塾講師歴が長い人もいます。講師歴が長い人が多いところだと講師の当たりはずれが少ないので、利用するたびに講師が変わるところでも違和感なく授業が受けられるでしょう。ただしアルバイト中心の塾よりも授業料は高めになります。

勉強以外の相談にも対応してくれる

塾で教えてほしいのは勉強に関する内容でしょう。学校で習っている内容もあれば受験のための知識を教えてもらいたいときもあります。個別学習塾なら質問がしやすいので、通常の授業の分からないところを教えてもらったり、志望校の過去問題で分からないところを教えてもらったりが可能です。アルバイトの講師は基本的には勉強を教えてくれますが、どんな進路を進めばいいのかなどは対応してくれないときが多いかもしれません。ベテランの講師がいるところだと、講師が進路に関する相談に乗ってくれる時もあります。志望校の出身の講師であれば出題傾向などを教えてくれますし、難関学校出身の人なら難関学校に入るための勉強方法などを教えてくれたりもするでしょう。

中学受験の塾の選び方のポイントは、合格率の高さです。塾内の生徒の合格率が高い塾が一番信頼出来ます。塾によっては合格人数だけ公表して塾の生徒の合格率を公表していない塾も多くあるので注意しましょう。