分からない所は先生に質問する

質問力は個別指導塾の有効活用に欠かせない

個別指導塾を使って学力を上げるのに肝心なのが、わからないことは先生に質問することです。質問力がある子供ほど個別指導塾のメリットを有効活用できます。先生が質問に答えてくれることで学力を伸ばすことができるだけでなく、その質問からどんな弱点があるのかを考えて対策を立ててくれるでしょう。何も質問しないと本当にわかっているのかどうかを先生が不安になってしまうことすらあります。わかっていることははっきりと伝え、わからないことは質問するのが重要なのです。質問の仕方によって先生がきちんと的を射た回答をしてくれるかどうかも違います。個別指導なら何度質問しても問題ないので、疑問を解決できるように繰り返し聞いてみましょう。

質問を引き出してくれる先生を探そう

どの個別指導塾を選ぶかで悩んでいるときには、体験授業で質問しやすいかどうかを確認してみるのも大切です。優秀な先生の場合には授業をしながら質問を上手に引き出してくれます。わからないことが何か説明できないという状況に陥ってしまう子供はたくさんいます。しかし、先生がこれはわかりましたかと投げかけてくれたり、別の角度から説明をしたりして理解度を推し量ってくれる場合もあるのです。すると、本当に自分は何がわかっていないのかを理解でき、質問を口にできるようになります。個別指導塾では先生と生徒が一対一なので、先生がよく生徒のことを理解してくれると期待できます。質問が苦手な場合にも上手に疑問点を引き出してくれると自然に質問力も付いてくるでしょう。

中学生の塾には、いろいろな形態の塾があります。集団授業形式や個別指導形式の塾の2種類が多いです。個別指導でも先生一人が教える生徒の最大人数も様々です。最近では、映像授業を行う塾もあります。