先生となるべくコミュニケーションを取る

コミュニケーションは必要不可欠

個別指導塾はマンツーマン指導なので、学力が向上しやすいです。ただ、さらに効率よく学力を向上するためには担当の先生と上手くコミュニケーションを取っていく事が必要です。もし、担当の先生とコミュニケーションを取らなければ、自分の要望を先生に伝える事が難しくなり、先生も自分の学力を把握しきれていないまま授業を進める事になり、学力が向上しにくい状況になります。しかし、コミュニケーションを取るように意識すると、授業で分からないことがあれば気軽に聞く事が出来ますよね。

分からない事を聞く事によって、分からない問題が少なくなり最終的にはテストで良い点数を取れるようになります。自分から積極的に先生と会話していく努力が大事です。

自分が話しやすい先生を指名する

個別指導塾では、先生との相性がかなり重要になり、相性が良ければ上手くコミュニケーションが取れて授業がスムーズに進みます。そこで、自分が話しやすい先生を指名します。塾側に担当の先生を選んでもらうと、場合によっては相性が悪い先生の授業を受ける事になるので、自分で選ぶ方がプラスに働きやすいでしょう。まずは、塾側に在籍している先生を紹介してもらって、先生の性格や特徴などを説明してもらいます。そうする事で、先生の特徴を分かった上で担当の先生を選ぶ事が可能です。 どの先生に教えてもらうかで学力の向上に大きく違いが出るので、慎重に選択していく事がポイントになります。もし、相性が良い先生がいない場合は、他の個別指導塾を探します。